多数の目で見た情報が集まる、台風情報の中心となる場を作ります。
エントリのスレッド表示
昨夜、仕事帰りの空はみごとに晴れ渡り、ぽっかりと十三夜の月が浮いていた。 台風8号が日本のあちこちで猛威を振るっているようだけれど、生まれ故郷ヤップ近海も、西側には大きなうねりが残っていた。おまけに風は東~南東ときては、両方向のうねりと風にサンドウィッチになって、はてさて、どこで潜りましょう…という感じで、北西側のミル・チャネルも、北東側のゴフヌー・チャネルも、日本太平洋側の春先の海のような濁り(ただし白濁気味)。そこへきて満月(大潮)直前という(ダイバーにとっては)ムズカシイ潮まわりだし(泣) バディとはぐれたのか、テングカワハギがひとりぼっちで寂しそうに、サンゴの隙間をさまよって...
きのうから心配していた熱低は、台風8号となって、そろそろヤップ島の真北を通過中のはず…とはいっても、どんどん北に離れていってくれたので、ヤップ島への雨風の影響は、きょうの午前中でほぼ終了した感じだった。 ずっと西風~南西の風だったので、島の西側では風と高潮の影響が心配されていたけれど、わたしのいる東側はまったく大丈夫…と思っていたら、わが仮住まいのシャワールームのトタン屋根の上が、なにやら、ざわざわ騒々しい! 外に出てみると、ありゃりゃ・・・ひょろりと柔なフロリダ種のバナナが、ばっさり根元から倒れて屋根を覆っていた。裏のほうにも、もう1本、もっと細くて若いのが、完全に倒れ落ちてい...
夢うつつの未明から、ときおり強い雨音がトタン屋根をたたき、窓ガラスの隙間から吹きこむ風でカーテンが揺れる気配に、「こりゃ~なにか産まれかけているかも…」と気にしながら、うつらうつらと朝を待った。 ↓3日午後09時の衛星写真。星印の位置がヤップ島↓ 少し早めに店に行ってインターネットでチェックすると(まだ仮住まいの自宅に電話線が引けてないので…)、3日午前6時の発表では、チューク(ヤップ州の東隣りのミクロネシア連邦の一州)の西あたりを中心に、ヤップやグアムも全面的な厚い雲におおわれていたが、まだ嵐の形にはなっていなかった。気になったのでパソコンを立ち上げたまま、ときどきチェックして...
このサイトについて
「アイフーン」(eye.tc)は、台風に関する個人的な体験(身の回りの災害情報など)を集約し、組織化し、伝達するための、参加型メディアによる台風情報サイトです。みなさんの「眼」に映った台風を、ブログに記録してトラックバックするか、ケータイメールで投稿して下さい。なお当サイトの情報をダイナミックに見るには台風前線、公的な台風情報を見るにはデジタル台風にアクセスして下さい。またトラックバック先の記事の信頼性については、各自でご判断ください。[もっと詳しく...]
メニュー
関連サイト
台風ニュース・フィード
デジタル台風: 台風情報は入っていませんこの時間に台風情報は入っていません。2018-01-17T23:00:00+09:00
デジタル台風:最新気象衛星画像最新の静止気象衛星画像を1時間ごとに更新します。2018-01-17T23:00:00+09:00
RSS 1.0Atom 1.0
Powered by デジタル台風
ウェブログ
都道府県
国・地域