多数の目で見た情報が集まる、台風情報の中心となる場を作ります。
エントリのスレッド表示
 台風から温帯低気圧に変わって再発達することがあるが、台風から低気圧に変わると報道機関でのニュース価値が変わるため、今年の13号のように温帯低気圧化しても、台風のまま情報を発表することがあった。  今回の台風16号と猛烈に発達した低気圧の場合は、この方法が採られなかった。来年から実施する情報提供の方法の変更でも検討されている。 新しい台風予報の図表示方法等について http://www.jma.go.jp/jma/press/0603/28a/taifu_hyouji.html (...
10/6午後の最新の発表で985HPa。秋雨前線を刺激して雨を強く降らせる台風。上陸の危険は少なそうですね。すぐそばに17号。でもこちらも勢力は弱くて、16号におされて、影響なしかな。  雲の動きは複雑です。 BEBINCA-------------------- 気象庁台風情報 ・台風16号 ・ 天気図 ・デジタル台風(国立情報学研究所)   / 台風2006 16号 (YAGI) ---------------------------BEBINCA
大雨|気温 21.8℃|湿度 99%|気圧 989.1hPa|降水確率 100%...
 台風16号の北側に広がる雲が気になっていたが、NOAAの擬似カラー画像を見ると台風に伴う暖気核(赤色)と、北西に広がる温帯低気圧の雲(暗赤色)の二重構造になっているのが分かる。  台風16号の暖気を引き継いだ低気圧が、上空の気圧の谷に伴う寒気と日本列島上でぶつかって発達し、7日にかけて、中部から関東、東北地方にまとまった雨が降る予想となっている。   NOAA 擬似カラー画像 http://www.goes.noaa.gov/guam/GUAMCOL.JPG 気象庁のページ 水蒸気...
 台風16号と台風17号が相次いで南海上に発生し、相互作用により進路の予想が難しくなった。台風17号が、台風16号の行く手を阻み、秋雨前線に暖かく湿った空気を供給し続けた場合、日本列島に大雨を降らせる可能性がある。今後の進路に注意が必要である。 気象庁のページ 台風16号 http://www.jma.go.jp/jp/typh/0616.html 台風17号 http://www.jma.go.jp/jp/typh/0617.html JTWC http://www.np...

エントリの地域ごとヒストグラム表示

このサイトについて
「アイフーン」(eye.tc)は、台風に関する個人的な体験(身の回りの災害情報など)を集約し、組織化し、伝達するための、参加型メディアによる台風情報サイトです。みなさんの「眼」に映った台風を、ブログに記録してトラックバックするか、ケータイメールで投稿して下さい。なお当サイトの情報をダイナミックに見るには台風前線、公的な台風情報を見るにはデジタル台風にアクセスして下さい。またトラックバック先の記事の信頼性については、各自でご判断ください。[もっと詳しく...]
メニュー
関連サイト
台風ニュース・フィード
デジタル台風:台風201902号(WUTIP):中心気圧970hPa / 最大風速70kt / 中心位置(7.2N, 148.4E)オーストラリア気象局発表のサイクロン情報によると、サイクロン号()は現在、中心位置は南緯0度、東経0度、中心気圧は0hPa、最大風速は0ktです。「デジタル台風」ウェブサイトでは台風201902号(WUTIP)の2019-02-19 18:...2019-02-22T00:00:00+09:00
デジタル台風:最新気象衛星画像最新の静止気象衛星画像を1時間ごとに更新します。2019-02-22T00:00:00+09:00
RSS 1.0Atom 1.0
Powered by デジタル台風
ウェブログ
都道府県
国・地域